夢と呼ばれる裏世界

日記を中心に創作小説や雑記を公開出来ればなぁと思ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

崩壊の序章



ヒトシの力を調べる為に送り込まれた沙耶
その役目も、終わりを迎えようとしていた
それは既に決まっていた定め 
定めから、決して逃れるは出来ない……




『……最早、残された時間は少ない』


沙耶19

で、では……



『うむ、本日より行動を開始する。
これから信哉をそちらに送る、後は手筈通りに事を運べ』

沙耶17 

………はい





 沙耶23

遂に、来てしまったのですね……この時が。
ヒトシ様……私は……私は……




『ガチャ…』

沙耶12 





ふぅ、ただいまっと…

沙耶16 

(ヒトシ様……申し訳、ありません)


・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・








………

沙耶19

あ、あの……どうなさいましたか?








……さっきから誰かに見られてる様な気がしてな、どうやら狙いは俺みたいだ。
すまないが、ちょっと行って来る。

沙耶19

は、はい…お気を付けて。



『ガチャ!バタン!』


沙耶16

(これで……お別れ、なのですね……)











……



何時まで隠れてるつもりだ?
俺の後ろにいるんだろ?



……気配は完全に消したつもりだったが



よく見破った、ヒトシ殿



(俺の名を知ってる?)
……誰だ?俺の事を知ってるようだが、コッチはお前の事を何も知らないって言うのに



すまぬが、訳あって名を名乗る事が出来ない。



そうかい…んで、名を名乗れない兄ちゃんが俺に何の用だ?



主の名により、俺と一緒に来てもらいたい。



……悪いが遠慮させてもらう、悪い予感しかしないんでな。



そうか…。



それで、断ったらどうするつもりだ?  



…少々、手荒な真似をしなければならない(スッ…)



上等だ!!(ブオッ!)



誰だか知らねぇが、加減なんて利かねぇからな!!



承知!!



ウォォォォォォォォォッ!!! 



むんっ!!

 
 





(ちっ…かなり鍛えられた剣術をしてるな……だが)

 

行くぜっ!!!


・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・





ダァァァァァァッ!!!



無駄だ!(スッ!)







そなたの動きは力任せで無駄が多い、隙だらけだ!!

 





むっ!?



…今のが隙に見えたのか?



何っ!?(あの状況で俺の太刀を受け止めただと!?)



この程度で隙になんかならねぇよ!!



くっ!?(スッ)



(とは言え、コッチもまともな拳を当てられてない……なら)



(コレを試してやる!)



ハァァァァッ!!! 



むっ! 





ぐっ、ぬおぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!






(弾いたか…鍛錬を積んだ動きにあの木刀、レジスト機能があるのか……厄介だな)



(力任せで隙だらけの筈が、それを突く事が出来ない…それにあの力、間違い無く魔法では無い…今のは防ぐ事が出来たが……次はどうなるか判らない)



(だが…どうやら俺の力とは相性が悪いみたいだな……なら、全力でぶつけてみる!!)



フルチャージ!!!



!!
(来るか……む?)



………



(来たか……ならば!)
参るっ!!




(突っ込んで来た?だが!!)





ソウルバ─── 







!?

 



くっ!? 



もらった!!



!!!



風神の太刀!!!



ぐぉっ!!




……
(完全に入らなかったとは…ただ力任せで戦ってる訳では無い、か)



(まさか伏せている奴がいたとは…このレベル相手に2対1はかなり不利だな…)



…良くやったぞ、沙耶



えっ……

 

『ザッ……』

沙耶2 

はい……兄様



!?
さ……沙、耶?

沙耶2

……



ど……どう言う…事だ?



それは俺が説明しよう
沙耶は主の命によりヒトシ殿を監視する為にそなたの元へ参った。



俺の監視……だと?



そうだ、主はそなたの持つその力に非常に興味を示している。沙耶はそなたが力を使う事で得られた事を主に報告してきた。そして今、そなたを捕え、主の元へと届ける…これが、我らに与えられた命だ



………
……本当、なの…か?

沙耶2

………

沙耶23

全ては、兄様が申した通り……です。



……………



そう………か……



(戦意を失ったか…もうあの力が感じられない)
すまぬが、これで終わりにする……



………ッ



む?



……フフフフフフッ、ハハハハハハハハハッ

   沙耶19

!?



そっか……ずっと、騙されてたのか……俺……ずっと……



何だよ、これじゃ俺…ただの馬鹿じゃねぇか……勝手に思い込んでただけかよ…… 

沙耶23

……っ!!



………許せ





っ!!

 





…………



沙耶、参る───

沙耶23

………

沙耶15 

私、は……わた、く…し……は………っ!!



……参るぞ、沙耶

沙耶23

………

 





・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・





ザッ……



あざみ
(ここね…ヒトシさんの反応が消えたのは)



ヒトシ様に探知魔法を施しておいて正解でしたね、あざみ

 

うん……
(この周りの戦闘跡…間違いない、ヒトシさんは信哉君……そして、沙耶ちゃんと)



(沙耶ちゃん……本当にこれで良いの?)



……ううん、兎に角今はヒトシさんを助けなきゃ!



ええ、行きましょう



(ヒトシさん、待ってて…今助けに行くから!)




To be continued・・・

スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<解き放たれた黒き本能 | HOME | これが俺に与えられた試練とでも言うのか……?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。