夢と呼ばれる裏世界

日記を中心に創作小説や雑記を公開出来ればなぁと思ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第153回私信返し『本当に正念場』

20070720162909.jpg

遂に来た、か……
ここからだな…ここで出来なきゃ……

沙耶1

あ、あの!
私信をするんですよね?

表情3

っと……そうだった。
今の内にしとかなきゃ。


私信返し

空の色様

>はい、観風さん、お待ちかねのクリームたっぷりボウルプリンです。

>わーい♪

>ボウル一杯のプリンと生クリーム……見てて気分悪くなりそうね。


沙耶11

そ、想像しただけで凄いものを感じます……。
それだけの大きさを持ったプリンがあるなんて……。

表情4

こ、これはまた凄いプリンを用意しましたね…ネィアさん(過去にバケツプリンを見てるので耐性が付いてる)
しかし…ボウルの大きさは解りませんが以前のバケツプリンより大きそうですね…。


>覇弓に見切り+3だと、会心率8割とか言うふざけた数値が見られます。
あと、私は単に高級耳栓が好きなだけですので~。

>初心者の頃、咆哮→タックル&ブレスの応酬を受けて若干トラウマがあったり。
そんな訳で耳栓大好き、剣士タイプのリオソウルUも作ってるからねぇ。
使い勝手はとっても良好~。


表情4

確かに…咆哮→硬直→タックル→起き上がりの瞬間追撃→起き上がry→死亡
って良くやられましたね。

沙耶1

そ、そこまで続くのですか?

表情4

吹っ飛ばされてから立ち上がるタイミングが相手の追撃が入るタイミングと上手い具合に重なるからね、1度でも攻撃を受けたらそのままコンボを受けて死亡するってパターンも良くあったんだよ。
始めた当初の頃なんか酷かったよ、そりゃもう…


廃墟の語り場様

>ふふ、済まなかったな沙耶殿。ヒロトの惚気を見慣れていたもので、つい何時もの調子で揶揄ってしまった。氷枕を用意したので使ってくれ。

>しっかし、沙耶さんはネィアさんに輪を掛けて耐性が無いんだな。闇さんじゃないけど、私も惚気を喋る時は気を付けないと……。

表情3

沙耶はどちらかと言うと内気な方なんですよ。
それと会ってすぐの時……

沙耶10

『私には双子の兄様がいるのですが……兄様以外の男の人とお話した事があまり無くて…その…緊張してしまい、上手く話す事が出来ないんです…』

表情3

…って言ってました。
普段を見るとそうは思えないかもしれませんが、本人は色々と緊張してるんです。


>え? そう云えば、、電波強度28%!? そんな、さっきまでは100%だったわよ!!

>お、おい、、
何か有ったのか!?

>分かんない、、一体何が……。


沙耶1

ど、どうしたのですか!?

大7

……解らない、たけど…これだけは言える。
戦いが、始まったようだ。

沙耶1

!?

大7

多分戦場は宇宙…さっき強力なエネルギー反応を持った大型生命体が大気圏を脱出するのを感じた。
恐らくヒロトさん達もそこにいるかもしれない。

沙耶3

そ、そんな!?
それなら助けに向かわなくては!

大7

いや、それだと地上の守りが薄くなってもしもの時に対処出来ない。
兎も角、この事をカナメさん達に伝えないと!



スポンサーサイト

私信返し | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第154回私信返し『白い息』 | HOME | 第152回拍手&私信返し『意外な攻撃』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。